コーヒーの抽出「金属・ペーパー・ネル」3つのフィルターでも違いが出る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーを淹れるとき「どんな道具がいいのか」「どんな入れ方がいいのか」だけじゃなく、

「金属か?ペーパーか?ネルか?」

実はフィルターの素材という切り口からコーヒーの違いを楽しむことも出来ます!

味わいの違いや使う上でのメリット・デメリットを見ていきましょう!

フィルターとはなんぞや?

コーヒーは、粉にお湯に入れて成分を溶かし、粉を濾過してできた飲み物です。

濾過しなかったらどうなると思います?

ええ、飲んだ時ザラザラの粉が一緒に入ってきます。

お恥ずかしい話なんですが、僕は始めてコーヒーの粉を貰った時、インスタントと同じ要領で作ってこれをやってムセました。

そんな失敗をする前に確認しておきましょう→「コーヒーの淹れ方

その濾過するときの素材によって味のテイストが少し変わります。

その素材が次の3つ。

  1. 金属
  2. ペーパー
  3. ネル(布)

それぞれ味の特徴やメリットデメリットを順番にみていきましょう。

1、金属フィルター

主に代表される抽出器具はフレンチプレス。 それ以外にも、ドリップやエアロプレスでもあります。

最近向こうで注目されてるみたい。どこだよ向こうって?「欧米か!」

そんな金属ファイター達がこちら!

フレンチプレス

フレンチプレス

ドリップ

ドリップ

エアロプレス

エアロプレス

なぜそんなに金属が注目されているのか?

コーヒーの油分や甘味を余すこと無く楽しめるからなんです!

ペーパーやネルだと濾過され塞き止められるけど、金属だと色んな成分を通過させることができます。

ただ言い換えれば、だだ漏れということ。

コーヒーの酸味や甘味といった繊細な部分をフォーカスするにはもってこいです。

サードウェーブやスペシャルティがうたわれる今、注目されるのはうなずけます。

なので浅煎り〜中煎りあたりのコーヒー向きかなという印象です。

深煎りのコーヒーだと味がボテッとしインパクトがデカ過ぎる気がします。

メリットは、金属なので半永久的に使えてエコですが、

毎回洗う手間が必要なうえに少し値段が高いというデメリットがあります。

個人的には金属フィルターと相性がいいのはフレンチプレスですね。

繊細な甘みや酸味をごっそり味わいたいという方はチェックしてみてください→「フレンチプレスの淹れ方

2、ペーパーフィルター

家庭用の中では一番親しまれているペーパーフィルター。

ドリップコーヒーやエアロプレスとして主流です。

paperfilter

ドリップ

エアロプレスペーパー

エアロプレス

まずなによりペーパーのいいところは、使用後ポイッとゴミ箱に捨てるだけで、面倒がかからないこと。

ただ、コーヒーの油分や甘味はペーパーにある程度吸着され減ってしまいます。。

浅煎り〜中煎り程度の酸味があるコーヒーでは、金属での柔らかさと比べると酸が尖ってクリアな印象を受けます。

深煎りのコーヒーだと、いい感じに深煎りの美味しいところを紙が淘汰してくれる感じがします。

クリアにハッキリしたコーヒーが飲みたいという方は「ペーパードリップ

クリアだけど飲みやすい感じがいいという方は「エアロプレス

3、ネルフィルター

最後にネルです。ネルドリップですね。
ネル
僕はネルで深煎りの豆をドシッと抽出したコーヒーが好きです。

実は、ペーパーよりもネルの方が目が粗く、コーヒーの成分が通り抜けやすいです。

なので、ペーパーよりハッキリクッキリドッシリ味が出ます。

ペーパーが薄い顔なら、ネルは濃い顔南国系です。だから僕はネルが好きなのか。

ただ、ひとつ間違えれば物足りない味になりやすかったりと抽出が難しいです

チャレンジしたい方は参考までにどうぞ「ネルドリップの淹れ方

そして、なにより手入れが大変。

使う度にしっかり洗って、水に浸けて冷蔵庫で保管しておかないといけません。気軽にって感じではないですね。

ランキング形式でまとめてみる

色んな視点からそれぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう!

【通過する成分量】

1位、金属
2位、ネル
3位、ペーパー

成分がたくさん通過出来るのは金属に軍配が上がります。

ただ勘違いして欲しくないのは、成分がたくさん通過出来るからといって必ずしも良いと言うわけではないということ

嫌な成分も通過する可能性があるということですから。。。

【手入れの簡単さ】

1位、ペーパー
2位、金属
3位、ネル

これはダントツでペーパーでしょう。

「タッチでポン」それぐらい簡単。広く家庭用として使われるのもうなずけますね!

【値段】
1位、ペーパー
2位、ネル
3位、金属

これもペーパーが安いですが、金属は半永久的に使えるし、ネルも結構な回数使えるので、なんとも言えませんね。

これらの情報をもとに自分の好みに合いそうなものを選んでください。もちろん、自分の性格とも御相談。面倒くさがりならネルはダメだね!笑

今日はフィルターの素材という視点でのお話でした。ご清聴ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーセミナー

Coffee LABO frank...では、コーヒーセミナーをしております。


パーソナルセミナーになるので、知識だけじゃなくしっかり技術も身につけていただけるセミナーとなっております。


バリスタになりたい方はお問い合わせください。


詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*