ドリップコーヒーとは?あなたもハンドドリップ始めませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「コーヒーを普段飲みますか?」

インスタント?コンビニ?缶コーヒー?喫茶店?、、、、、

今や身近に手軽にコーヒーが手に入る時代ですが、

今日はあえて少し手間のかかるハンドドリップのススメを御紹介したいと思います。

 

趣味の一つに加えてみてはいかがですか?

1、そもそもハンドドリップとは?

コーヒーをいれるには大きく分けて浸漬法透過法の2タイプあります。

ざっくり説明すると、お湯をコーヒーの粉に浸けておく浸漬法、上からお湯を注いで濾す透過法です。

ドリップコーヒーは、上からお湯を注いで粉を通過させて抽出したコーヒーを言います。

なので、コーヒーメーカーなどの機械で落としたコーヒーもドリップコーヒーです。

 

ですが、今回オススメするのはハンドドリップコーヒーです!

ドリップ下準備これを使って自分の手で入れて頂きます。

なのでまずは必要な道具から揃えましょう→「ハンドドリップに必要な道具

さて、それではそんなハンドドリップの魅力に迫ります。

2、ハンドドリップの魅力

ハンドドリップの道具を揃えたらいよいよ実際に入れてもらいしょう。

その前に、それぞれ確認しておいて下さい。

1、入れる前から

早く飲みたい衝動に駆られながら、、、

どの豆にしようか?今日はどんな感じに仕上がるのだろうか?どういうテイストにしようか?

そういったワクワクから、ハンドドリップの楽しさは始まります。

豆を挽いた時に充満する香りがたまりません。

2、入れる時

準備が整ったら、さあ入れましょう!

お湯を注いだ時からさらに香りは増し、

まるで粉が生きてるかのようにムクムクと膨らんでいきます。

そんな粉と呼吸をしながらお湯を注いでいきます。

ポトポトと滴る音がまたいい。

そうなんです、入れてる時から既に美味しそうなんです。

3、さあ召し上がろう

出来上がったコーヒーを楽しもう。

ゆっくり時間をかけて丁寧に入れたコーヒーは格別でしょう。

僕は休みの日はよくベランダで飲んでました。

お酒飲んだ後に、帰って最後にコーヒーで〆るってのもいいです。

3、他の抽出方法

ドリップコーヒーの他にもまだまだたくさんの抽出器具があります。

以下のコーヒー器具も御紹介してるので興味ある方はトライしてみてください!

まとめ

確かにインスタントやコーヒーメーカーと比べたら少し手間がかかりますが、

あえて僕は忙しい人にこそ趣味としてでも始める事を強くオススメします!

気軽に始められて、奥が深いコーヒーの世界に足を踏み入れてみてはいかがだろうか?

ハンドドリップのセミナー」も開催してるでお気軽にどうぞ!

コーヒーセミナー

Coffee LABO frank...では、コーヒーセミナーをしております。


パーソナルセミナーになるので、知識だけじゃなくしっかり技術も身につけていただけるセミナーとなっております。


バリスタになりたい方はお問い合わせください。


詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*