カッピングの方法を知ってコーヒーのわかる人になろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  
スポンサードリンク
     

カッピングというタイトルからこのページをご覧になってるあなたは、おそらくかなりのコーヒー好きでしょう。

それぐらいカッピングというのは、未だにコーヒー業界人やマニアと一般人との壁を作る言葉かもしれません。

でも何も難しいものではないし、結構パブリックカッピングと題して色んなところで行われてたりもします。

僕としてもこのカッピングというのをすごくオススメしています。

それはとても簡単に色んなコーヒーに触れることが出来るから!

コーヒーのことを知りたいと思っているなら、まずはカッピングする習慣をつけましょう!

カッピングとは

カッピングとは簡単に言ってしまえば、コーヒーのティスティングのことです。

つまり味を知る(評価する)ためにやるんです。

ワインでもやりますよね?

ただ、コーヒーは淹れ方によっても味が大きく変わってしまうことがあるので、その方法に共通のルールがあります。

そのように基準を作ることで共通言語のようにコーヒーをグローバルに評価できるようになっています。

こういうとなんだか難しそうですが、気軽に家庭でもできるので安心してください!

僕も、コーヒーを携わるようになってこれまで数え切れないくらいカッピングをしてきましたが、今でも必ずカッピングはします。

野球でいうバットの素振りみたいなもんです。

カッピングの方法

準備するもの

  • カッピングスプーン
  • 耐熱カップ
  • コーヒー豆
  • お湯
  • グラインダー
  • タイマー
  • スケール
  • 記録できるもの
  • スプーンをすすぐ白湯
  • キッチンペーパー

カッピングスプーンとは、コーヒーをすすりやすいように口が広くてある程度深さのある専用のスプーンです。

アマゾンでも「コーヒー カッピングスプーン」で購入できますが、似たような形状であれば大丈夫です。

カッピングの手順

  1. コーヒー豆10gを中細挽きにしてカップに入れる
  2. 粉の香りを確かめる(ドライ)
  3. お湯を180cc入れ、3分待つ
  4. お湯を注いでからの香りを確かめる(クラスト)
  5. 3分後、スプーンで4回上下にかき混ぜながら香りを確かめる(ブレーク)
  6. カップの上に浮いた泡や豆カスをスプーンで取る
  7. スプーンですする

3の状態です

7の状態です

香りを確かめる段階には、ドライ→クラスト→ブレークの3段階ありますが、慣れてきたら香りからどんなコーヒーか想像をすることができます。

すすり方ですが、スプーンに適量コーヒーをすくったら、口の中で霧状に広がるように勢いよくすすります。

 評価をするにあたって気をつけることは、 慣れるまではあまりたくさんの項目を一気に取らないようにすることと、 温度が冷めるにつれ、変化していくということです。

通常カッピングするときは、このように数種類比較しながら行います。

その時の注意点があります。

  • カップを移るごとにスプーンをすすぐ
  • すすいだスプーンの水滴はとる
  • 比較する時は同じすすり方をする

これらに気をつけて、公平にジャッジしてあげてください。

一度にたくさんの種類を比較しすぎるとわからなくなるので、初めは2,3種類程度に抑えておきましょう。

最初のうちはどんな味か評価するのは難しいとは思いますが、たくさんのコーヒーに触れて感じたことをノートしていくと少しずつ自分の中で軸ができてくると思います。

僕も最初のうちは、コーヒーの味全然わからなかったので、毎月コーヒー豆を買い漁って毎日カッピングを日々のトレーニングに課してました。

コーヒーを仕事にしようと思う人は、コーヒーの味を取れるように訓練が必要ですし、そのためには数多くのコーヒーに触れる必要があります。その時のコーヒー豆の出費は大変でしたけど、これは結構オススメです。

コーヒーを仕事にしようと思ってなくても、コーヒー豆を買ったら是非その都度試してみてください!

コーヒーの味がわかるようになってくると、コーヒーの世界が一気に広がりますよ。

カッピングの評価の仕方は慣れないうちは難しいと思いますが、そのコツについてはまた後日書かせていただきます!

それでは!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*