「ケニア」コーヒー豆事情とその特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  
スポンサードリンク
     

早くから品種研究を重ねて整えた管理体制によって、世界の中で最も優れたコーヒーを生産する国の一つとなっています。

特にヨーロッパで高く取引されるケニアの魅力に迫ってみましょう!

  1. 地理的特徴と主な産地
  2. コーヒー事情
  3. コーヒー豆の紹介

1、地理的特徴と主な産地

国土

image

キリマンジャロ山を挟み、タンザニアと国境を接しています。

主な産地

image

  • キリニヤガ
  • エンブ
  • ニエリ
  • ルイル
  • チカ
  • メル
  • 国土西部(キタレ、ブタレ、キシイなど)
  • 国土南部(キリマンジャロ山の東側)

土壌は水はけの良い赤土のロームになっています。

尾根が谷に向かって緩やかに傾斜して、谷間には川が流れ、肥沃な土壌が斜面を厚く覆っています。

気候

熱帯気候・温暖湿潤気候です。

雨季が年に2回、3〜5月大雨季・10月半ば〜12月小雨季となっています。

2、コーヒー事情

ケニアでは、農業省内にコーヒー局が設けられ、公的機関がコーヒー産業を監督し、国をあげてコーヒー産業の振興に力を入れています。

品種

大部分がアラビカ種で、SL28、SL34が主力品種です。

※SLとはかつてナイロビにあった研究所「スコットラボラトリー」の略で、SL28もSL34もブルボン種から選抜された数多くの品種の一つです。

SL28は干ばつに強く、SL34は高地での栽培に適応しています。

最近はさび病などに耐性のあるルイル11を植える傾向があります。

ルイル11は、カチモールとSL種の交配種なので、ケニア独特の香味の特徴が弱いのが残念です。

栽培

収穫期が年2回あります。

  • メインクロップ9〜12月
  • サブのフライクロップ5〜7月

精製

農協の場合、収穫されたコーヒーチェリーは近くの「ファクトリー」と呼ばれる精製施設に運ばれます。

ウォッシュドが殆どで、中には昔ながらの伝統的な方法(ケニア式)を採用しています。

ケニア式は、「ハンドピック→チェリーの手選別後→水流比重選別式パルパーによる皮むき→発酵工程→ソーキング(きれいな水に一昼夜浸漬)→水路で水洗→アフリカンベッドでのパーチメントの天日乾燥→パーチメントの安定化を経て脱穀→選別」

発酵工程後、ソーキングするのがケニア式ならではです。

その他の精製方法について詳しく知りたい方は「こちら」をどうぞ

等級

スクリーンサイズによって、7つに区分されます。

AA スクリーン17〜18
AB スクリーン15〜16
C スクリーン15〜16
E 巨大種の豆、やや大味
TT AA・ABの中から風圧で飛ばされた軽量豆
T 非常に小さく細い豆。欠点豆を含む
PB 丸豆(ピーベリー)

生豆・煎り豆の外観・コーヒー液の品質によって、1〜10までクラス分けされます。

  1. FINE(最高) 
  2. GOOD
  3. FAIR TO GOOD
  4. FAIR AVERAGE QUALITY(標準)
  5. FAIR
  6. POOR TO FAIR

取引

首都ナイロビで毎週コーヒーのオークションが行われます。ライセンスをもった輸出業者などが競りに参加できます。

1930年代から行われ、品質に基づいた透明性の高い価格決定の仕組みとしてケニアコーヒーの品質向上・維持に大きく貢献しています。

規制緩和により、オークションを経由しなくても直接売買可能となりましたが、現在でも大多数のコーヒーがオークションを通じて売買されています。

コーヒー豆の紹介

約60%は約70万世帯の小規模農家によって生産され、残りは4000程度ある大小様々な農園です。

それらの中から、これまで扱ったケニアのコーヒー豆の特徴を御紹介します。

ギキリマ

地域:ニエリ地区

標高:1800m

品種:SL28,SL34他

規格:AB

精製方法:ケニア式

【特徴】

ケニアらしい明るくフルーティーな酸味がしっかりあります。

力強さもあり、酸味を活かすなら浅煎り、苦味を利かすなら深煎り。

焙煎度合いも幅広く楽しめることができます。

個人的には、少し酸味を残し、苦味をきかせ、ボディ感をしっかり出せる中深煎り(フルシティロースト)がオススメです。

ミルクとの相性もよく、エスプレッソでもドリップでも楽しめる仕上がりになります。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒー豆を買って自宅で楽しもう!

frankのコーヒー豆を自宅でも楽しめるように、新鮮なスペシャルティーコーヒー豆を販売するオンラインショップを設置しております。

「コーヒーをよりフランクに」のページで得た知識を実際に飲んで体験してみませんか?

 


オンラインショップへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*