実は浅煎りと深煎りでオススメのコーヒーの入れ方が違う!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せっかく家でコーヒーを飲むなら美味しく楽しみたいですよね?

コーヒーの入れ方は安定してきたけど、コーヒー豆によって美味しくなったり、不味くなったりしませんか?

なぜそんなことが起こるのか?どうやって解決をしたらいいのか?

今日はそのために、浅煎りと深煎りのそれぞれのドリップコーヒーの入れ方のコツを探っていきたいと思います!

  1. 浅煎りと深煎りの豆の違い
  2. 美味しくドリップできるとは
  3. 深煎りの入れ方
  4. 浅煎りの入れ方
  5. まとめ

こんな流れで進めていこうと思っています。

その前にまず、このコーヒーコラムを愛読していただいてる方には、謝らなくてはいけません。

以前、こちら「ハンドドリップコーヒーの入れ方の基本」で基本の入れ方をお伝えしましたが、

これは必ずしも全ての豆に最適な入れ方ではありません。申し訳有りません。

ですが、基本として大事な内容ですので、ハンドドリップ初めたての方はご一読お願いします。

さて、「浅煎りと深煎りでコーヒーの入れ方を変えよう」というテーマですが、本来コーヒーの入れ方はその豆によって、飲みたいコーヒーによって変えるべきです。

とは言っても、入れ方ひとつとっても十人十色なのですが、

複雑化することは避けたいと思ってるので、浅煎りと深煎りという両極端をわかりやすくお伝えできたらと思っています。

浅煎りと深煎りの豆ってそもそも何が違うのさ?

抽出において最も大事なことは、コーヒー豆を知ることです。

もう一度言いいます。

コーヒー豆を知ることです

コーヒー豆と仲良くなれたら、抽出は上手くなります。

こんな風に言うと、すごく精神論的な内容に聞こえてきますが、なにも、コーヒー豆に話しかけたり、ナデナデしたり、散歩に連れて行ったりしろと言うわけじゃわりません。

それで美味しくなるなら、毎晩コーヒー豆を抱いて寝ます。

そうではなくて、コーヒー豆という素材を知ることです。

これに関しては、長くなりそうなので、今日は単純に「浅煎りと深煎り」について。

それぞれの重要な違いは

  • 味わいの主役が違う
  • 比重が違う

この2点です。

味わいの主役が違う

浅煎りの主役は酸味(豆そのものの素材の味)

深煎りの主役は苦味(焙煎によって生じる味)

ここは直感的に理解して頂けるかなと思います。

つまり、それぞれのコーヒー豆の主役「酸味苦味」をどう引き立てるかがポイントになるということです。

比重が違う

浅煎りより深煎りの方が比重が小さいです。

もう少し砕いて説明すると、水に対して、

浅煎りのコーヒー豆は沈む傾向にあり(比重がより大きいから)、

深煎りのコーヒー豆は浮く傾向にあります(比重がより小さいから)。

※なぜかというと、コーヒー豆は焙煎によって水分がどんどん蒸発するからなんですね。

実はこれが、特にドリップにおいて、入れ方を変えた方がいい理由にもなっています。

では実際にどういう点に気をつけてドリップするかを説明します。

ドリップコーヒーを美味しく淹れる考え方

それぞれの淹れ方に入る前に「美味しく淹れるとは」について補足しておきます。

「美味しく淹れられる」=「風味とコクをコントロールできる」

だと思っていまして、

自分の好みのコーヒー豆を選ぶ→その豆の素材を知る→素材にあった淹れ方でコントロールする

このようなプロセスを経て美味しいドリップコーヒーが出来上がります。

※「自分の好みのコーヒー豆がわからない!」という方は「コーヒー豆の選び方」をご一読ください。

その風味とコクのコントロールは、

  • メッシュ
  • お湯の注ぎ方

この2つで決まります。(お湯の温度は一定であるとします)

※メッシュに関してはこちらをチェック→「メッシュの決め方

これからご紹介するそれぞれの入れ方は、お湯の注ぎ方にフォーカスしてご説明していきます。

淹れ方の条件は次の通りとします。

  • 使用するドリッパー:ハリオV60-01
  • コーヒー豆の量:15g
  • お湯の量:200cc
  • 温度:93℃
  • メッシュ:中細挽き

深煎りコーヒー豆の入れ方

深煎りのコーヒー豆は

  • 苦味が主役
  • 比重が軽い

でしたね。

私自身深煎りのコーヒーが好きだったりするので、先ほど紹介した「ハンドドリップコーヒーの入れ方の基本」では深煎り寄りの入れ方になっています。

深煎りのコーヒー豆は比重が軽いので、最初からどんどんお湯を注ぐと早く落ちていってしまう傾向にあります。

そうするとどうなるか、、、、

コクが弱い、苦味がフワッと感じるコーヒーになります。

そういうコーヒーが飲みたい場合はいいのですが、私はどちらかというと深煎りはコッテリ飲みたい派なので、そういう場合の淹れ方の例がこちらです。

20cc(蒸らし)→20cc(2湯目)→20cc(3湯目)→30cc(4湯目)→50cc(5湯目)→60cc(6湯目)

注湯回数が小刻みになればなるほど、味・コクは出ます。

好みに合わせて回数を変えてみてください。

また、深煎りの主役である「苦味」はお湯に溶け出すスピードがゆっくりです。

なのであまりにも注湯が早過ぎると成分が溶け切らずに終わってしまいがちです。

以上を踏まえると、深煎りの注湯の場合は、

  • 注ぐ量は同じか少しずつ増やしていくこと
  • 注ぐ間隔はドリッパーから落ちきる前に次の注湯をする

この2点を押さえましょう。

浅煎りコーヒー豆の入れ方

浅煎りのコーヒー豆は

  • 酸味が主役
  • 比重が重い

でしたね。

深煎りと同じ感覚で入れるとどうなるか、

淹れ終わった後、この写真のようになってしまったり、

注いでる最中、深煎りみたいにドーム状に膨らまずに溜め池みたいになったりしませんか?

それは、比重が重いからなんですね。

これだと味とコクのコントロールがしにくいですし、ハリオ(透過式)を使っているメリットを感じれません。

なので最近よく見かけると思うんですけど、スプーンで混ぜたり高いところから注いで粉をドリッパー内で攪拌する方法をとっているところもあります。

それも一つの方法です。では私はどうするか、

例えばこうです、

20cc(蒸らし)→100cc(2湯目)→20cc(3湯目)→20cc(4湯目)→20cc(5湯目)→20cc(6湯目)

ドリップで気を遣うのは前半です。後半は濃度を調整するようなものです。

深煎りでは前半少しずつでしたが、

浅煎りではその逆で、前半に結構お湯を注ぎます

そして、浅煎りでは特に2湯目で決まるといっても過言ではありません。

3湯目以降は、コーヒー豆が沈んで塞き止めてしまう前に小まめにお湯を足していく感じです。

2湯目にたくさん注げば注ぐ(自ずと注湯回数も少なくなる)ほどサッパリして、

2湯目に少しだけ注げば注ぐ(自ずと注湯回数も多くなる)ほどしっかり味が出ます。

浅煎りの主役である「酸味」はお湯に溶け出すスピードが早いです。

なので、最初に結構注いでしまっても成分のあらかたは溶けてるので大丈夫です。

以上を踏まえると、浅煎りの注湯の場合は

  • 注ぐ量は2湯目多めが肝心
  • 3湯目以降は間をあけず小まめに注ぎ足す

この2点を押さえましょう!

まとめ

どうだったでしょうか、全然違うでしょう?

「美味しく淹れられる」=「風味とコクをコントロールできる」

そのためには、浅煎り深煎りそれぞれのコーヒー豆を知ること

そして、それぞれにあった淹れ方をするとコントロールできますよという内容でした。

最後にもう一度まとめておきます。

【深煎り】

  • 注ぐ量は少しずつ増やしていく
  • 注ぐ間隔はドリッパーから落ちきる前に次の注湯をする

【浅煎り】

  • 注ぐ量は2湯目多めが肝心
  • 3湯目以降は間をあけず小まめに注ぎ足す

あとは注湯回数を増やすようにすると、風味・コクは増します。その逆もまた然りです。

焙煎度合いが中間の場合は、間をとって調整してみてください。主役が2人いるようなもんなので、どっちを引き立てたいかはあなた次第・豆次第です。

まあ、いろんな淹れ方があるので参考にして役に立てれば幸いです。

それでは今日も美味しいコーヒー淹れられるといいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーセミナー

Coffee LABO frank...では、コーヒーセミナーをしております。


パーソナルセミナーになるので、知識だけじゃなくしっかり技術も身につけていただけるセミナーとなっております。


バリスタになりたい方はお問い合わせください。


詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*