コーヒーを淹れるといえば”DRIP=ドリップ”

コーヒーの抽出器具の中で最も普及している抽出法です。

コーヒー豆に対してお湯を注ぐだけですが、その方法論は様々です。

コーヒー豆によって、焙煎によって、飲みたい味わいによって、、、、狙い通りに抽出できることがドリップの腕です。

ここではそのようなドリップの方法を学んでいきます。

ゴールは、コーヒーをドリップでコントロール出来る事です。

以下がそのカリキュラムです。

  • ドリップ①:ドリップの基本
  • ドリップ②:焙煎とドリップを繋げる
  • ドリップ③:ドリップの調整理論
  • ドリップ④:エイジングとドリップ

カリキュラムそれぞれの参考教材と合わせて学習を進め、それぞれの習得課題をクリアしながら進めていきましょう。

*ドリップ①:ドリップの基本

「ドリップとは」

ドリップの基本的な技術を習得します。

習得課題:指定された淹れ方通りにドリップできる事

トレーニング目安:2時間

参考教材:「ドリップの基本

*ドリップ②:焙煎とドリップを繋げる

「焙煎から淹れ方に違いをつける」

ドリップの淹れ方を焙煎と関係させる考え方を習得します。

習得課題:焙煎違いのコーヒー豆を淹れ分けれる事

トレーニング目安:2時間

参考教材:「焙煎とドリップを繋げる

*ドリップ③:ドリップの調整理論

「ドリップを操るには」

ドリップの再現性を高めるために、アプローチの考え方を習得します。

習得課題:指定されたコーヒー豆を淹れ分けれる事

トレーニングの目安:2時間

参考教材:「ドリップの調整理論

*ドリップ④:エイジングとドリップ

「同じ豆でも淹れ方は変わる」

ドリップにおけるエイジングの影響を学び、淹れ方の違いを習得します。

習得課題:エイジング違いのコーヒー豆を淹れ分けれる事

トレーニングの目安:2時間

参考教材:「エイジングとドリップ

まとめ

コーヒーをドリップでコントロール出来る事ようになりましたか?

ドリップはシンプルですが、コーヒー抽出の基本と言えます。この考え方をもとに、その他の抽出器具に活かしましょう。

ドリップのみの単独コースを受講も可能です。パーソナルトレーニングになりますので、お問い合わせください。

【ドリップ単独コース】

カリキュラム

  • ドリップ①:ドリップの基本
  • ドリップ②:焙煎とドリップを繋げる
  • ドリップ③:ドリップの調整理論
  • ドリップ④:エイジングとドリップ

受講料:¥3万

トレーニングの目安:8時間

問い合わせ