実は新鮮なコーヒー豆は毎回同じ入れ方すると味が安定しない!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  
スポンサードリンク
     

IMG_0404明けましておめでとう御座います。弾丸で鹿児島に帰ってました。鹿児島もコーヒー屋がいくつかあって行くのが楽しみだったんですが、さすがに年末年始だったので閉まってました。次回リベンジ。もし鹿児島に行かれる時は寄ってみて下さい。

さて、今回のテーマは、「新鮮なコーヒー豆でコーヒーを入れる際の注意点」です。

u2dLSrajv9ar83m9YYB6gGr6_500

 

新鮮なコーヒー豆も買って、淹れ方だってちゃんと正確に計って毎回同じ淹れ方をしてるのに、なぜか微妙に味が違うぞ?

なっ、なぜだ?

なぜこんなことになっていしまったんだ?

まずたくさんのCoffee Loversに訴えたいのは、コーヒーを美味しく飲みたいのであれば、一にも二にも「コーヒーは鮮度が命」

これは「コーヒー豆は鮮度が命、美味しいの始まりは保存管理から!」という記事でも紹介した通り。

そんな鮮度の良い豆をどうやって美味しく飲み続けようか?っていうのが今回のお話です。

僕はよくこのテーマのお話をするとき人間の成長に例えるのですが、

コーヒー(焙煎豆)も人間と同じように生きており、歳を重ね、その歳ならではの良さがそれぞれあります。

若かりし頃は、右にも左も分からずガンガンで尖ってツンツンしてます。中々自分の良さを表現できません。脂がのって仕事や家庭など充実してきた頃には、そのまま任せちゃって下さい。酸いも甘いも経験した後は、労ってあげて下さい。

(偉そうに書いてますが、僕自身人生については右も左も分かってません)

ただ新鮮なコーヒー豆も同じです。やはり豆も生きてるのです。どう生きているのかって?

①ガスを放出しながら熟成・劣化していく

②煎りが深い方がガスが多く変化が激しい

③季節によってガスの抜け方が変わる

このように新鮮なコーヒー豆の息吹を感じることが出来ます。①を人間で言うならば

  1. 煎りたてホヤホヤ(10代,20代)
  2. ピークタイム(30代,40代)
  3. 落ち着き(50代,60代)

といったところでしょうか。人生のピークはいつだって「今だぜ!」って林先生に怒られそうですね。そして②は、タームスパンは煎りが深い方がガスが多いので長くなります。また③は例えると、冬よりも夏の方が早くガスが抜けます。

例えば、frankの「中煎りFRUITY」と「深煎りCACAO」でみてみましょう!

regulatory_c03

1、煎り立てホヤホヤ

この時期はガスをパンパンに含んでおり、普通にいれるとガスっぽさやボケた味がします。なので上手くガスを抜いてあげて、じっくり抽出して奥に眠る味を引っ張り出して下さい。若さが故、ギラギラしてるのでしょうね。

2、ピークタイム

この時期に照準を合わせて豆を使えるともう安心です。適度にガスっぽさが抜けた豆は、熟成されて旨味・甘味・苦味の輪郭がしっかりあり、安心して抽出できます。脂がのってきましたね〜!!

roadtrafficsign953、落ち着き

ガスも抜けたら、味がはっきり出てくる話をしましたが、焙煎と同時に劣化も始まっています。徐々に劣化が進んでいき、嫌な味が際立つようになってきます。そうなると抽出においても注意が必要です。これまで通り抽出して「あれっいつもよりしつこいぞ、くどいぞ」ってなり出してきたら、やり過ぎ注意です。

これらのことを頭に入れながら、新鮮なコーヒー豆の抽出を微妙に調整していけたらオッケーです!

「新鮮なコーヒー豆は生きているから、とても敏感なのだ」

それでは今日はこの辺で!!今週も頑張っていきましょう!

コーヒーを通した学びのコミュニティ「Coffee Community frank」も覗いてみてね→https://coffeestandfrank.com/college/

スポンサードリンク

コーヒーセミナー

Coffee LABO frank...では、コーヒーセミナーをしております。


パーソナルセミナーになるので、知識だけじゃなくしっかり技術も身につけていただけるセミナーとなっております。


バリスタになりたい方はお問い合わせください。


詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください