カッピングとはなんだ!?全然難しくないからやってみてよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  
スポンサードリンク
     

すいません、去年はワインにハマりすぎてしまいました。コーヒーをおろそかにしていたわけではないのですが、全然アウトプットしてませんでした。ですが、ついにYou Tube鮮烈デビューをしたことを皮切りに、久しぶりにこのブログを再開していこうと思います!

そんな今日は「みんなカッピングしようぜ〜」的な話です。

カッピングって聞くとすごく難しそうだし、専門の人がやりそうな、ハードルが高いイメージってどうしてもあると思うんです。

でも全然そんなことないんですよ、ホントに!!!さあ、行ってみよう!

まずは動画でお楽しみください!

そうなんです、この動画でも伝えてますが、カッピングって難しくないんです!

コーヒーを難しくさせているのは?

コーヒーを難しく感じさせてしまうのは、選択が多すぎるからだと思うんですね。

コーヒー豆の種類、産地、品種、焙煎度合い、エイジング、抽出器具、使う豆の量、、、、、、

あげればキリがないほどの選択の多さです。

人は目の前のタスクが多過ぎると難しいと感じてしまい、なかなか手を出さなくなるそうです。

ほら、夏休みの宿題って全然手つけれないじゃない。。。

カッピングとは

でも安心してください。カッピングをすることによってその難しい選択を限定することができます。

夏休みの宿題は、一旦漢字ドリルと自由研究だけでいいよってなると楽になるじゃない。。。

そう、カッピングって難しそうに感じますが、逆なんです。

コーヒーの難しさから解放してくれるんです。

つまり、コーヒーって淹れ方によっても変わっちゃうんだけど、「一旦その違いは置いといて、豆の違いに純粋に向き合おう」と。

その方法がカッピングなんです。

抽出という工程を世界基準で統一してしまうことで、抽出の違いをなくしちゃったんです。

だからこそ、カッピングって難しい方法じゃダメなんです。なんせ豆の違いを簡潔に知る方法なので、簡単にできる方法でなきゃダメなんです。

だからカッピングしたことない人は、そんな気張らずに気軽にカッピングやってみてよ!

するとコーヒーの違いに一歩近づけるよ!

コーヒーを通した学びのコミュニティ「Coffee Community frank」も覗いてみてね→https://coffeestandfrank.com/college/

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。