ドリップコーヒー基本の淹れ方を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  
スポンサードリンク
     

何事も基本だ〜!!!ってよく中高バスケの鬼監督に言われてましたが、ようやく大人になってその意味がわかりました、、、

遅いよ、もっと早くそんなことわかってたら、今頃はバスケもっと好きになれたのに〜笑

ドリップコーヒーって淹れ方は少し難しいんですが、ほんと基本を覚えたらとてもコーヒーを楽しめると思いますよ!

ちなみに、まずは器具の準備は揃ってますか!?

ボールがないとドリブルつけませんのでね。。。

まだの方はこちらを参考にしてみてください→「ハンドドリップに必要な器具

さてそれでは基本のドリップを動画にて一つ紹介します!

ドリップコーヒーのレシピ

今回のレシピは特に浅煎りから中煎りにオススメのレシピです。

  • 粉量:15g
  • 湯量:225g
  • メッシュ:#3.0(中細挽き)
  • ペース:30秒ごとに50gずつ均等に
  • 温度:93℃

もちろんこのレシピだけが全てではありませんが、どこから手をつけていいかわからない方はまず基本としてやってみてください!

淹れ方の手順

まずは準備

粉とお湯を準備しましょう。

そして器具を温めます。ドリッパー、サーバー、マグカップなどを温めて冷めないようにしましょう!

1、蒸らし

これはコーヒーの成分をお湯に溶かす為の準備運動みたいなものです。

粉全員にちゃんと溶かし出してもらわないといけないんで、粉全体にお湯をかけます。

ただし、粉はまだ準備ができてないのでお湯をかけすぎてはいけません。

コーヒーが薄くなってしまう原因となってしまいます。

ですので、「粉全体に満遍なく、なるべく少ない量」を蒸らしではかけるようにしましょう。

2、本抽出

あとは30秒ごとに50gずつお湯を均等に注いでいきます。

簡単ですね!

この基本に慣れたら、いろんな淹れ方に挑戦してみましょう!

今回のレシピの練習用動画も載せておきますので、参考に使ってみてください!

基本も知らん奴は、本番になったら何もできやしねーんだ!

コーヒーを通した学びのコミュニティ「Coffee Community frank」も覗いてみてね→https://coffeestandfrank.com/college/

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。