胎内高原ワイン アッサンブラージュ・ブラン2018

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  
スポンサードリンク
     

コーヒー屋である私が、将来ワインショップもドッキングさせたいという魂胆から備忘録として個人的な感想でお届けしております。

今回のワインについて

  • カテゴリー:白ワイン
  • 生産者:胎内高原ワイナリー
  • エリア:新潟県胎内市
  • 年代:2018年
  • 品種:ソーヴィニヨン・ブラン種、シャルドネ種

ショップ引用:胎内高原(蔵王地区)で育ったソーヴィニヨン・ブラン種とシャルドネ種の混醸。レモンや八朔、若草の香り、爽やかな酸。不耕起、無肥料の自然な農法を実践。第三セクターが運営するワイナリーとしては驚くべきバランス感覚!よく冷やして楽しんで。

豆知識

樽を使ってるらしいが、そこまで樽のニュアンスは強くなく、この甘さは葡萄の熟度の高さから来てるんじゃないかと、

感想

1日目

みかんの缶詰みたいな味で甘い、レモンの酸味と乳酸っぼさもある、日本っぽい、

2日目

残量9割 少しの残糖感と樽の甘さのニュアンス、この独特な香りは酵母の香りなのか、はちみつ漬けしたレモンのような風味と独特の旨味がある、すごく個性的で日本的なんだけど美味しい

3日目

残量8割 小布施のシャルドネでも感じた似たような蜂蜜大根レモンみたいな独特の香りはシャルドネ由来か酵母由来か樽由来か、味わいは大根の辛さもほんのりありながら蜜っぽい甘さがあって美味しい

4日目

残量5割 蜜っぽいはちみつレモンのような香りは健全、レモン大根感が強い(これはアルコールからくる辛苦さなのか?)、温度が上がってくると果実味がふくよかになっていく、このピュアな甘さと蜜っぽさはシャルドネから来てそうな気がする、ブリ丼と食べると酸味の爽やかさと甘さの感じが綺麗によくあった

5日目

残量5割 油が乗ってきたかのように甘さとトロミが絶妙、余韻はしっかりドライでバランスがとても良い、よりスルスル飲みやすくなった、グラスの涙はトロッと流れて粘性がすごい、美味しい、みかんと良くあう

6日目

残量2割 香りは蜜、キンキンに冷えてる時は大根のような辛さの苦味が気になる(これはアルコール感なのかな)

7日目

ラスト 甘さの感じも残ってるんだが、リンゴが酸化して茶褐色になってるようなニュアンスもある気がする、これが酸化なのかな?どう言う条件で酸化がしやすくなるのか知りたい

コーヒーのことやお店の裏側、コーヒービジネスなどをオンラインで学べる「Coffee COLLEGE frank」も覗いてみてね→https://coffeestandfrank.com/college/

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。