持ち運びできるオススメのコーヒーミル2点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  
スポンサードリンク
     

オンラインでコーヒーを学習できるサイト
「Coffee COLLEGE frank」を立ち上げました

コーヒーミルは基本的に電動を圧倒的にオススメします!

それに関しては「カリタ ナイスカットミル」をご一読どうぞ。

まあ文明の発展にはあやかりましょう!

それでも、手動の方がいいという変態と、アウトドアでコーヒー淹れたいというこちらもある意味変態に向けて、今日は持ち運びができるコーヒーミルを紹介したいと思います。

そもそも粒が揃いにくい・疲れるし・時間かかるという手動コーヒーミルを、そこまでして使う理由は2つだと思うんです。まあ、極度の変態も含めたらもう一つ。

それは、電気もね〜、お金もね〜、時間もね〜♪

なんだっけ、こんな歌あった気がするけど、調べる程興味はないから知ってたら教えてください。

いや、時間はあるか。そう

  1. 電気を使えない場所でコーヒー豆を挽く
  2. 電動ミルは高すぎる
  3. コーヒー豆の感触を感じたい(極度の変態)

この3つですね。

1つ目は分かります。それは流石にどうしようもね〜♪

電気のないところでさえも、コーヒーを淹れたいんだからさぞかし変態なんでしょう。

かく言う僕も、基本的に都会より自然の方が好きなので、そんな場所でコーヒーを飲もう思ったら電気が通ってないか、そもそもそんな場所に電動ミルを担いで持って行く運動エネルギーよりも、手回しでコーヒーを挽く運動エネルギーの方が楽なのは分かります。

2つめはですね〜、それも分からなくはないです。

やっぱり電動って高いんですよ。さすがに、1週間に1回ぐらいしかコーヒー淹れませんって人だったら、別にいんじゃねって思いますけど。

毎日淹れたいって人なら、絶対電動がいい!

粉で買うより、手動の方がいいけど、それより電動の方がいい。

一回挽くのに大体1分だと仮定して、それを365日で約6時間、自分の時間当たりの労働コストが時給1000円としても、5年でペイするから!笑

これ説得力あるんか?笑

いやいや、豆の挽き方が安定するってだけで全然ペイするから!

つまり何が言いたいかって、2つ目の理由の人は電動買うの検討してみてってこと!全然投資価値あります!

さてさて、3つめですね〜笑

これもう好きにして!としか言いようがない。

実際に、こう言う「豆を挽いてる時が超絶幸せだぜ〜」って変態ってやっぱり一定数いるんですよ。

さて、じゃあそんな豆の感触を味わいたい人にもオススメなコーヒーミルを2つ紹介します。

オススメのコーヒーミル2点

持ち運ぶであろうことを想定した選び方のポイントは2つ。

  • 軽くて安い
  • 小さくて安い

まあこの二つですね!

軽くて安い方がいいと言うならこれですね

たったの0.25gですよ。

小さくて安い方がいいと言うならこれですね

胸ポケットに入ります

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。