「ハリオsmart7」マニアック過ぎるコーヒーメーカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  
スポンサードリンク
     

朝バタバタしてて、その時に「あなたコーヒー 淹れたわよ」なんて言ってくれるスーパー出来たあの頃の奥さんは何処へやら、、、

愛情と少しの打算で毎日淹れてもらってたコーヒー が美味しいかと言われれば、まあ美味しいというしかないわけで、、、

コーヒーをよく淹れる人にとっては、淹れてもらうより自分で淹れた方がいいんだけどなあと思いながらも、、、どっちにしろ、「ありがとういつも美味しいよ」という気遣いと「今日も頑張ってね」という妻の牽制攻撃

こんな日常が繰り広げられてる家庭が今やまだあるのかは知りませんが、

ここで朗報ですよ!!!

もうね、これ一体誰が使いこなせるんや!?って思うくらいマニアックなコーヒーメーカー来ました。

だいたい、コーヒーメーカーを使ってコーヒー飲みたい人って、正直なるべく手軽にコーヒー飲みたいわけじゃないですか。

でも、これまではコーヒーメーカーって淹れ方に自由度はなくって、ある程度美味しく飲めるコーヒーが手軽にってところで妥協点があったんですよね。

それが、ついに文明の力によってここまで来ましたよって、コーヒーメーカーがハリオより発売されました!とりあえずこれ見てみて!

ハリオ smart7

もう一度言うけどね、これ一体誰が使いこなせるんよ!

簡単に言うとね、

  • お湯を注ぐ量
  • タイミング
  • 温度

この3つを自由に設定できるわけ。

と言うことはですよ、コーヒーの味わいの調整(4つの変数)をついにコーヒーメーカーでも調整できると言うことですわ。

手軽さが売りなコーヒーメーカーはどこへ行ったんだ、と思う気持ちは置いといて、安心してください。一応自分でそんな小難しいことはいちいち設定してらんねえよ。と言う方にもこいつは対応しています。

マニアックに使い込みたい人

やっぱりこのコーヒーメーカーの優れている点は、従来のコーヒーメーカーでは出来なかった、お湯を注ぐペース&温度の自由度が高いところ。

これによっておそらくもう人間が調整するのとほとんど同じくらいの幅の自由さで味を調整可能になりました。

自分の好きなコーヒー豆があって、それに対応したバシッとしたレシピを作り込んで、それを後は手軽に飲みたいと言う人には、もうねぴったり!

まるでコーヒー専属の家政婦みたいな感じだね。しかも自分の理想通りに淹れてくれるんだから、リアルに家政婦雇って教え込むより、全然安く済むに違いない。

後はこのマシンに奥さんの顔と声をインストールできる機能があれば完璧だ。

「おはよう!あなた、(あなたが望み通りの美味しい)コーヒー出来たわよ!今日も頑張ってね!」

ただ、この機能を使いこなせるには、コーヒーの調整をする理論がわかっている人か、もしくは仮説検証をし続けるのが好きな人じゃないと、正直めんどくさい。

そしておそらくほとんどの人がめんどくさい。

めんどくさい人にも楽しめる機能

まず、別にレシピを自分で決めなくても、そもそもオススメのレシピという形で標準装備があるから安心して欲しい。ただ、それだったら、従来のコーヒーメーカーとなんら変わらない。

さて、ここからが時代の力を感じるところだ。

世界中のレシピをダウンロードすることができるのだ。

例えば、あるお店のドリップチャンピオンのレシピを試してみることだってできるのだ。

誰かが作ったレシピで試してみる。コーヒー版IoTといったところだろうか。まあまだまだ、コーヒー業界ではIoTは始まったばかりだが、こういった製品を皮切りに、自宅にいながらブラジルの豆をブラジルから淹れてくれる日も近いかもしれない。

「グットモーニング!この淹れ方がこの国ではオススメだよ!」みたいな!

「いや、もうこっち夜なんだけど、おやすみなさい!」

俺にぴったりじゃんって思った人はぜひチェックしてみてくださいな!マニアックなんで好きな人にはハマるはず!

コーヒーを通した学びのコミュニティ「Coffee Community frank」も覗いてみてね→https://coffeestandfrank.com/college/

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。