コーヒースタンドを開業しよう!Coffee Stand frank…はこうして生まれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  
スポンサードリンク
     

霧と光こんにちは。みなさんやりたいことはありますか?叶えたい未来がありますか?

僕は少しずつですが、その輪郭が見えてきたような気がします。

何も最初からハッキリあったわけではありません。けっこうぼんやりしてました。なんならまだぼんやりしてるところもあります。

そんなもんなのかなあ。コーヒースタンドをやろうというのもある日突然ふってきたわけではないんですね。

今日はそんなこんなでfrankがこうやって生まれたんだ、という話をしようと思います。

コーヒースタンドを開業する前は、、、

コーヒーチェーン店で働き始めたあの頃、僕はコーヒーの世界に足を踏み入れ毎日がワクワクでした、、、

コーヒーの世界を知りたくなり、様々なコーヒーを飲みまくったんですね。そこでこう思ったんです。

「世の中には美味しいコーヒーがこんなにあるんや!!」

その世界の広さと深さに感動したんです。

ですが、それと同時に、

「いやいやまだまだ全然知られてないやん」

とも思いました。残念な気持ちと、勿体ないなあという気持ちでした。

モンモンとムラムラが溜まる

コーヒーについて知れば知る程、その残念さと勿体なさの気持ちは溜まっていきました。

なんでこんなことになるんだろう?と自分ながらに原因を探ってみました。(おそらく2012年頃ですかね。この記事を更新している2015年11月の段階では世間のコーヒー観も大分変わりましたが)

  • コーヒーって何だか難しそう
  • 何がいいのかよくわかんない
  • 敷居が高い喫茶店
  • チープで身体に悪いイメージの缶コーヒー

そりゃあ嗜好品だけど。喫茶店は、勇気を振り絞って重い扉をあけて、気難しそうなマスターがいて、サントスだのモカだのわからん横文字を変なイントネーションで注文して、高い金払わされる。かといって、ご飯やお菓子が美味しいカフェやお洒落な店は、どこも同じように美味しくなくて、店員もまあ飲めたらええやん感覚だしガッカリする始末、、、、、

確かにコーヒーはメインじゃないかもしれないし、ついでかもしれないけど、それが美味かったら最高やのになあと。モンモンとムラムラが溜まっていったんですね。

よし、コーヒースタンドを開業しよう!

そうモンモンとムラムラは、コーヒースタンドを開業するという形で爆発したんですね。

コーヒーチェーンで働いてて、もちろんそこでの仕事も楽しかったですし、職場環境に不満があったわけではありません。ただ、モンモンとムラムラがそれ以上に強く、その職場ではそれは解消出来ないと思いました。

じゃあ他の職場で働けば良かったんじゃないの?と思うかもしれませんね。

実は、その後も少しコーヒー屋やカフェで働いたりもしました。

でも、そこでもムンムンとモヤモヤを解消出来なかったのと、コーヒーの比重が低い店が多かったことも重なって、環境を変えるより、自分で環境を作る方が早いと思い決断したんですね。

「美味しい色んなコーヒーを、もっと広く普及させたい!」

ある種の使命感みたいなものが湧き出てきたんですね。恥ずかしながら。

Coffee Stand frank…でいこう!

コーヒースタンドとして開業しました。

美味しいコーヒーを普及させたいという思いから、気軽に気さくにフランクに楽しんで欲しい。

そしてやっぱりコーヒーはメインじゃないと考えます。

コーヒーは繋ぐもの。

人、食べ物、生活、人生、、、、

美味しいコーヒーが、もっと気軽に楽しめることで、社会・コミュニティを繋ぎあわせる接着剤となるのではないか

ロゴマークはfrankのfをとって、×」(繋げる)という意味も込めてつけてます。

cropped-写真.jpg

皆さんもワクワクが見つかったら正直に突き進んで下さい。そして、モヤモヤして、ワクワクして、を繰り返して下さい。モヤモヤの行き着く先が「やったるで〜!」となるかもしれませんね。

モヤモヤを解決する方法が開業ならば、「是非迷わずススメよ」と叫びたい!

それではハバナイスデイ!

コーヒーを通した学びのコミュニティ「Coffee Community frank」も覗いてみてね→https://coffeestandfrank.com/college/

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーセミナー

Coffee LABO frank...では、コーヒーセミナーをしております。


パーソナルセミナーになるので、知識だけじゃなくしっかり技術も身につけていただけるセミナーとなっております。


バリスタになりたい方はお問い合わせください。


詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください