ブラジル(フルシティロースト)

“香ばしい丸い苦味”

安定と安心の生産国

ノスタルジックで懐かしく安心するコーヒーが僕のブラジルのらしさです。

際立つ酸味があるわけではなく、ナッツやアーモンドを燻した甘さと、それでいて実は奥にチェリーの甘さも感じる丸いコーヒー。

これを飲むといつも安心した気持ちに帰ります。

ブラジルといえばコーヒー大国で、かつては質より量が重視されていましたが、その印象を覆す品質を持ったコーヒーも少しずつ増えています。

ブラジルを選ぶ基準は、伝統的なブラジルらしさと品質の両方を感じられる事。

frankではフルシティローストで仕上げ、香ばしさと甘さとボディ感をしっかり出し、らしさを強調しています。

飲み応えがあるんだけど、どこか優しさも感じる豆です。

やはり、うちのレギュラーとして必要な生産国です。

/ブラジル バージングランデ農園/
地域:南ミナス州ジャクチンガ
品種:ムンドノーボ種
精製:ナチュラル
標高:1100~1250m
焙煎度合い:フルシティロースト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください