コーヒーテイスティング〜抽出器具〜

抽出器具の違いによるテイスティング。抽出器具・方法を変えれば、様々なコーヒーの味を抽出することが出来ます。どれも一長一短です。違いを知り、抽出する際に幅をきかせましょう。

ペーパードリップ

ペーパードリップの抽出器具はたくさんありますが
Coffee LABO frank…では主に4つ使っています。

・HARIO(ハリオ)
・KONO(コーノ)
・Melita(メリタ)
・Kalita(カリタ)

4つの特徴を説明します。
・ハリオ
特徴:
・コーノ
特徴:

・メリタ
特徴:

・カリタ
特徴:

リブ・・・ドリッパーの内側についてある溝のこと。空気の道を作る大事な役割。

*ワンポイント*
ドリッパーは他にもたくさんありますが、それぞれ抽出原理は一緒なので、色々試してみると良いでしょう。またペーパーではなく金属製のドリッパーもあります。
ペーパーとは違いそのまま濾されずダイレクトに抽出されるのが特徴です。

エアロプレス

エアロプレスは注射機のように、手で圧力をかけて抽出する器具です。

国名:           抽出器具:
香り:
フレーバー:
質感、コク:
余韻:

国名:           抽出器具:
香り:
フレーバー:
質感、コク:
余韻:
特徴としては
比較的に抽出は簡単で、後始末も時間がかかりません。
レシピによって変わりますが、酸味や甘味が出しやすく、すっきりと飲みやすい味になりま す。
*ワンポイント*
エアロプレスの創作者はフリスビーなどを作っているアウトドアの会社の社長で
外で美味しいコーヒーを手軽に抽出できる器具として販売されました。
淹れ方は簡単ですが、奥深く、エアロプレス限定の世界大会などがあります。

またCoffee LABO frank…では紙フィルターを使っていますが、金属フィルターのエアロプレスもあります。
ーMEMOー

フレンチプレス

フレンチプレスは紅茶を淹れる際にも使われる抽出器具です。

国名:           抽出器具:
香り:
フレーバー:
質感、コク:
余韻:

国名:           抽出器具:
香り:
フレーバー:
質感、コク:
余韻:

特徴としては
コーヒー粉をいれて、お湯を注いで時間が経つと、プレスするだけで比較的簡単。
お湯をつけてそれを金属フィルターで漉すだけなので、コーヒーの香りと味を含んだコー  ヒーオイルが抽出される。そして網目が粗いため微粉が少し残る。
*ワンポイント*
良くも悪くもコーヒーの成分をダイレクトに抽出するので
高品質なコーヒー豆を飲むのに適している。
また深煎りより浅煎りの方がコーヒーの酸味や甘味を感じれるので、おすすめである。

フレンチプレスの淹れると微粉が出るが、それを嫌う場合はペーパーフィルターで漉すと微粉が取り除くことができる。その際にコーヒーオイルも濾されてしまうので注意が必要。
ーMEMOー

 

ネルドリップ

ネルドリップは布を使い抽出する方法です。

国名:           抽出器具:
香り:
フレーバー:
質感、コク:
余韻:

国名:           抽出器具:
香り:
フレーバー:
質感、コク:
余韻:

特徴としては
ネルは目の細かいコットン素材のため濾過の精密度合は非常に高く、雑味を取り除きコーヒー本来の成分を綺麗に抽出することが出来ます。
なので非常にクリアで、かつコーヒー成分をほとんど含んだコーヒーに仕上がります。
その分、ペーパードリップのように使い捨てではないので、
繊維が細かい分、手入れに手間がかかります。
また少し粗めに挽き抽出します。
なのでお湯の調整が難しく中級者〜上級者向けと言われています。

*ワンポイント*
ネルドリップこそ究極の抽出方法だという人も多いくらい奥深い抽出方法です。
Coffee LABO frank…では粗めに挽き抽出しますが
細めに挽いて点滴のようにお湯を垂らし、7.8分かけて100ccくらい抽出する人もいます。

またネルフィルターの網目の織り方で抽出スピードが変わったり
手入れを怠って、コーヒー粉が染み付いて味に影響したりなど
なかなか難しくて奥深い抽出器具です。

ーMEMOー

 

まとめ

他にも抽出方法はたくさんあります。少し紹介すると

・エスプレッソ
沸騰水を使い加圧してコーヒー粉を漉す抽出方法です。
一気に加圧して微量だけ抽出するため、風味が強く味も濃厚です。

・サイフォン
サイフォンの原理を使った抽出方法で、ガラス製の器具でバーナーやIHなどで
フラスコを熱することで、湯が湧き上がり抽出され、演出効果はNo.1です。
コーヒーの味もダイレクトに表現されます。

・マキネッタ(モカエキスプレス)
マキネッタに水とコーヒーの粉を淹れてそのまま直火で温めるだけで、抽出されます。
またイタリアではモカといい、ドリップで淹れるよりも濃く、牛乳で割って飲まれることが 多いです。簡単にエスプレッソに近いコーヒーを抽出出来ます。

・ウォータードリップ(ダッチコーヒー)
日本では水出しコーヒーと呼ばれ、お湯ではなく水を使い長時間、コーヒー豆を漬け込んで 抽出する方法です。苦味を抑え、まろやかなコーヒーになります。
紹介した以外にも、さまざま抽出方法があります。
いろんな抽出器具で淹れたコーヒーを飲むのもコーヒーを楽しむ方法です。
ーMEMOー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です