コーヒーテイスティング〜豆の焙煎〜

コーヒー豆の焙煎度合の違いによるテイスティング

焙煎が違うコーヒーを飲んでみよう

国名:          焙煎度合:
香り:
フレーバー:
質感、コク:
余韻:

国名:          焙煎度合:
香り:
フレーバー:
質感、コク:
余韻:

国名:          焙煎度合:
香り:
フレーバー:
質感、コク:
余韻:
焙煎はコーヒーの味を大きく左右する大事な過程です。
生豆を焙煎することで水分が飛ばされ、成分が化学変化をおこし
コーヒーの苦味や酸味、甘味などに変化していきます。

焙煎度合は基準が曖昧ですが、分かりやすくするために、下記の8段階にわけられます。
浅煎りから順に
・ライトロースト
・シナモンロースト
・ミディアムロースト
・ハイロースト
・シティロースト
・フルシティロースト
・フレンチロースト
・イタリアンロースト

一般的に浅煎りであれば酸味の比率が高く、深煎りであれば苦味の比率が強くなります。
あくまで一般的で、浅煎りでも苦味を感じる豆や、深煎りでも酸味を感じる豆もあります
ただし焙煎度合は一番分かりやすい判断材料なので、理解しておくと良いでしょう。

*ワンポイント*
焙煎基準は人によって曖昧で、あるロースターさんがいう浅煎りと別のロースターさんがい う浅煎りは違っていたりします。自分の中で焙煎度合による味の変化を知ることが重要です。
ーMEMOー

焙煎機の違い

焙煎機の種類は大きく分けて3つあります。

・直火式焙煎機
・半熱風式焙煎機
・熱風式焙煎機

直火式は豆を入れるドラム缶に穴が開いており
そこから熱をいれる構造です。
火や熱風が直接当たるので
豆の個性がそのまま出やすいのが特徴です。

半熱風式は直火式に似ていますが
ドラム缶に穴が開いておらず、ドラム缶下にある
火が熱風となり熱をいれる構造です。
直火と違いチャフ(薄皮)が豆に入らない為
甘味のあるクリーンな味になるのが特徴です。
熱風式はバーナーとドラムが離れていて
直接火は当たらず、熱風だけで火を通す構造です。
熱風なので、風量や熱風の温度を変えるなど
また直火式と違いバーナーの位置も変えられるので
焙煎時間を極端に短くしたり、長くしたり
焙煎の自由度が高い焙煎機です。
風味はしっかりとしたコーヒー感を出せるのが特徴です。
*ワンポイント*
他にもドラムに入れず、攪拌装置のついた箱の中に入れて、大量の熱風をいれて焼く方法や
バーナーの上に炭を起き、炭火のゆったりした熱で焼く方法や、バーナーの上に赤外線発生装置をつけて、赤外線で火をいれる方法など、いろんな焼き方があります。
ーMEMOー

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です